ろうきん(労働金庫)カードローン

ろうきん(労働金庫)カードローン勤め先確認が気になるなら!在籍確認なしでキャッシングできる?

カードローンを契約する場合、気になるのは在籍確認ですが、労働金庫のろうきんを選べば、その不安は解消される可能性があります。

 

労働金庫は、ろうきんの愛称で知られていて、

 

住宅や車の購入、教育といった様々な目的別にカードローンが提供されています。

 

ろうきんが提供するカードローンは、審査を通過出来ればまとまった資金が借りられる事、在籍確認なしで融資が受けられる点にメリットがあります。

 

また、ろうきんのキャッシュカードは、他の金融機関と同じくATMで使えるので、使い勝手の良いサービスと評価する事が出来ます。

 

注意点としては、カードローンを希望する本人の社会的属性によって、借りられる上限金額が大きく変わる事です。

 

ただ、地方によってサービスの内容に違いが生じるので、

 

同じ労働金庫でも地域次第で在籍確認が行われる事はあり得ます。

 

つまり、労働金庫でカードローンやキャッシングを契約したい時は、事前に申し込む地域の窓口で、在籍確認の必要があるか訊ねる事が大切です。

 

労働金庫から融資を受けた実績が出来れば、今後他の金融機関から借り入れしたい時、前向きな信用情報として活用する事が可能になります。

 

サービスに使える価値があるとわかれば、日常生活に役立つ効果が得られたり、必要な時に借り入れ出来る安心感が手に入ります。

 

契約時に心配な在籍確認は、申し込み前の質問で解消出来ますし、

 

在籍確認が行われるとしても、本人以外にはわからない形で連絡される事が一般的です。

 

通常は、金融機関側の担当者が名前を名乗る程度で、所属する組織名は出さない事が在籍確認の特徴です。

 

例え本人が不在だとしても、席を外している事が告げられれば、金融機関にとって在籍確認の目的は十分に果たされます。

 

むしろ、契約が完了してから得られる利便性の方が、契約前に悩む些細な問題に比べて大きく魅力的です。

 

ローンに並ぶ二大サービスの一つ、キャッシングも便利に使える借り入れ方になっています。

 

使い方は簡単で、全国の金融機関やコンビニATMが使えますし、該当する窓口なら手数料無料で引き出す事が出来ます。

 

引き出す場所や時間帯によって、手数料が発生したり無料になりますが、直営のATMならいつ利用しても無料で融資が受けられます。

 

電話は在籍確認で気になる存在ですが、ろうきんなら確認される確率は低く、

 

確認が行われても会社に発覚する恐れは極めて低いので、安心して借りる相手として検討出来るサービスといえます。

 

 

ろうきんカードローン審査の注意事項 誰でもお金借りれる?

 

テレビCMなどでよく目にする消費者金融や銀行系のカードローンと違い、あまり馴染のない「ろうきん」のカードローンですが、

 

実はとても低金利でお得なカードローンなのです。

 

ただし、審査に特徴があるため注意が必要です。

 

申請する方の事情や条件によってはおすすめと言えるため、ろうきんの審査について見ていきましょう。

 

ろうきんとは、労働金庫(労金)のことで、労働組合や生協の会員が出資して運営されている金融機関です。

 

基本的にはろうきん会員のための金融業務を行っていますが、会員でない一般の方への業務の提供もしています。

 

全国の地域ごとに12のろうきんが存在し、在住・在勤している地域のろうきんに審査を申し込むことになります。

 

地域ごとに多少システムや名称は異なるため、

 

ここでは中央ろうきん(カバーエリアは関東1都7県の東京・埼玉・茨城・栃木・群馬・千葉・神奈川・山梨)のケースについて見てみましょう。

 

サービス名は「マイプラン」といい、大きく見れば消費者金融や銀行系のカードローンとサービス内容は変わりありません。

 

注目すべきはその金利で、会員でおよそ7%、一般の非会員でも約8.5%と非常に低く借りることが出来ます。

 

また審査次第ですが上限300万円まで借りることが出来るため、他社からの借り入れのある方のおまとめとしても注目を浴びています。

 

ローンを機にろうきん会員となることも出来るため、ローン審査と同時に申し込むのも一つの手です。

 

低金利であるということは、必然的に審査が厳しくなるということでもあります。

 

金利で大きく稼ぐことが出来ない分、もし貸し付けて回収できないとなると非常に損失が多く、事業が立ち行かなくなってしまいます。

 

このため金利と審査の厳密さは反比例する、というのが定説となります。

 

ろうきんの場合も例にもれず、金利というメリットの代わりに審査がやや煩雑で期間が長くなります。

 

まず申し込み資格は満18歳から65歳未満まで。

 

20歳未満という珍しい資格が特徴です。

 

正社員である必要はありませんが、収入が年150万円以上で同じ勤務先に一年以上勤続し(在籍確認もあり)、収入が安定継続していることが求められます。

 

他カードローンと違い、はっきり「150万円」という年収のラインを出してきているのも珍しいと言えます。

 

提出すべき必要書類も多く、身分証明書の他に公的な収入証明書、

 

国民健康保険証以外の健康保険証、住民票が必要です(ろうきん会員の場合身分証だけで大丈夫です)。

 

それに加え、審査が二段階にわたるため二週間〜一か月ほどしないと融資が受けられません。

 

最短30分、身分証のみで大丈夫と謳う消費者金融系カードローンなどと比較すると、非常に腰が重い印象です。

 

そのため、「ろうきん会員である」「時間がかかっても良い」「他社の借り入れをまとめたい」「とにかく金利を抑えたい」こういった方で、

 

申請の条件を満たす場合はとてもおすすめできるローンと言っていいでしょう。