デッドファイナンスで負債を調達 ビジネスローンで信用創造するために

デッドファイナンスで負債を調達 ビジネスローンで信用創造するために

 

デッドファイナンスとは、銀行などの金融機関や投資家からお金を借りることを言います。これに対して、株式を発行することで資金を調達する方法のことをエクイティ・ファイナンスと言います。

 

エクイティ・ファイナンスのほうがお金を返さなくても良いという点で優れていると多くの人は考えます。しかし、エクイティ・ファイナンスにもデメリットは存在しています。株主は株主総会に出席をして会社の経営について意見を言うことができます。株式を発行すればするほど、議決権を持った株主を増やしてしまうことにつながり、一定以上の議決権を持たれてしまうと会社の経営をのっとられてしまうというリスクも存在します。

 

デッドファイナンスのほうでは、借りたお金をきちんと返しさえすれば、債権者はなにも言いません。デッドは負債のことを指し、ファイナンスは資金調達のことを指すので、負債調達と呼ぶこともあります。

 

負債調達の方法としては、銀行の事業融資が代表的です。メガバンクは主に大企業を相手にお金を貸していますが、地方銀行では中小企業でもお金を借りられる可能性があります。地方銀行よりもさらに地域に密着した金融機関である信用金庫なら、開業資金を借りることもできるようです。

 

消費者金融や信販会社のビジネスローンなら、無担保・無保証でスピード融資を受けられます。銀行の事業者ローンの場合、会社の代表者が連帯保証人になる必要がありますが、消費者金融のビジネスローンなら連帯保証人になる必要もありません。また、土地や建物を担保に入れる場合、審査に1ヵ月以上かかってしまうことも多いですが、消費者金融のビジネスローンなら担保もなしで借りられます。銀行の事業者ローンでも担保なしで借りられることはありますが、ほとんどのケースで会社の代表取締役などが連帯保証人になる必要があります。

 

企業の信用を上げるためには、創業年数を増やすということが1つの方法です。最近ではマネーロンダリングなどの不正に対して厳しくチェックがされるようになってきているので、創業年数が短い企業は信用がありません。悪質な企業は新しい会社を建てても、目的を達成したらすぐに事業を閉じてしまう傾向があります。長く経営している会社は、それだけ信用があるということです。

 

企業の信用を上げるためのもう1つの方法は、ビジネスローンなどを利用して信用を創造するということです。お金を借りている人は信用がないというイメージがありますが、実はそうでもありません。ビジネスローンを利用して、借りたお金を延滞せずにしっかりと返済していくことで、「この企業はお金を借りても約束通りに返済してくれる」という信用を獲得することができます。一度も借金をしたことがない企業よりも、過去にローンを利用したことがあり、しっかりと返済していた企業のほうが信用があります。

 

逆に、過去に延滞をしていると個人の場合と同様で、信用を失ってしまいます。延滞をするくらいなら、最初から借金をしないほうがはるかに良いので、借金をしたら必ず期日を守って返済をしていくことが大切です。

 

意外と知られていませんが、ビジネスローンや事業者ローンの審査では、会社の代表者の個人信用情報が見られます。企業の業績が良いのに審査に通らないという場合には、会社の代表者が過去に自己破産をしていたとか、長期延滞をしていたとか、金融事故を起こしてしまっている可能性があります。

 

銀行は信用情報に厳しく、たった1回でも延滞をしていると審査に影響するので、気をつけておきましょう。消費者金融は1回や2回の延滞があることよりも、返済能力のほうを重視するようです。

 

ビジネスローンの審査では、黒字であることが最低条件であるとよく言われています。しかし、節税目的で実際よりも利益を少なく見せている企業は多いので、総合的に返済能力があるかどうかで判断がされます。

 

また、同じ黒字経営でも、年収が800万円、600万円と落ちている企業よりも、600万円、800万円と上昇している企業のほうがイメージが良いです。過去2年分の業績が見られる傾向がありますので、重要なローンの審査の前年にはあえて節税をせず、利益を多く見せておくということも1つの手段となるでしょう。

 

デッドファイナンスでネックとなるのが利息です。借りたお金を返済しなければならないことはもちろん、それに加えて利息の支払いもしなければなりません。長期のローンになってくると、利息だけでもかなりの金額になってしまうこともあります。

 

エクイティ・ファイナンスのほうが優れている部分も多いので、エクイティ・ファイナンスのほうも利用しながら、うまくバランスをとることが重要です。

 

銀行の事業者ローンなどは業績が悪化してから申し込みをしても審査には通らない傾向があります。特にお金を借りる必要がなくても、業績が良いうちに少額の融資を受けておいたほうが良いかもしれません。