フルキャスト在籍確認

フルキャスト在籍確認ある?お金借りる勤め先電話連絡なしキャッシング

フルキャストとは派遣会社で仕事数が多いのが特徴です。

 

自分の都合に合った仕事で働けるという日雇い派遣の人材派遣会社です。

 

フルキャストで派遣で働いている人がキャッシング審査の際に在籍確認はどうしたらいいのでしょうか?

 

派遣社員は、派遣先に在籍確認の電話がいくのか、派遣元のフルキャストに在籍確認の電話がいくのか

 

不安に思うかもしれません。

 

実際にどちらに電話がいくかは、消費者金融によって異なります。

 

派遣社員の方でも安定収入があればお金を借りることが可能なので、審査に対して不安に思う必要はありません。

 

また、派遣先に電話確認をされたくない方は、当サイトで紹介している

 

プロミス、モビット、アイフルに申し込むことをお勧めします。

 

※在籍確認は必ずあります。

 

特にプロミスであれば職場電話なしで審査可能ですし、

 

モビットWEB完結であれば、電話なし、郵送なしでカードローン審査可能なのです。

 

※プロミスで電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにオペレーターに相談ください。

 

アイフルも同様に職場連絡なしでキャッシング可能です

 

フルキャストで働いていて、在籍確認が気になる方は参考にしてみてください。

 

この会社は近年多くの就業者がいるのですが、この人気の理由として挙げられるのが、高時給な仕事の紹介が多いということでしょう。

 

フルキャスト以外の登録制の人材派遣会社になると、仕事件数はあっても、高時給なものが少なく稼げないというようなことも多々あります。

 

これは一時期、登録制の派遣で問題視されたこともありました。

 

仕事がなくても、別に副業をしているという人には良いのですが、その派遣会社の仕事紹介だけで生活しているというような人には生活することすら危うくなってきてしまうからです。

 

フルキャストも前述したようにやはり仕事紹介という形式をとっていますので、安定した職業に就けるというわけではありません。

 

下請けで職業を紹介してもらう以上、何かあったらその会社の担当者次第では仕事に就けなくなってしまうというようなデメリットも存在しています。

 

フルキャストが在籍確認を行うのはそのためです。

 

仕事を多く紹介してもらえるということはその人材派遣会社への企業の信頼が確固たるものであるということを示しているのでしょう。

 

公式ホームページで案内が出ていますが、フルキャストは携帯で就業者の管理をしています。

 

この案内の中には勤務実績や給与明細なんかを自分で見ることができ、いつ自分がどこで働いたかなどを確認できるシステムになっています。

 

このシステムでは、企業で人材を探している人も使えるらしく、カフェを開店するのに人数が足りないという時や、オフィスワークで資料作成するときに、人手が欲しいという場合などに依頼する人が多いようです。

 

この就業時に、フルキャスト在籍確認を行うことによって企業はどこからどんな人が来たのかというのを知ることができます。

 

要するに、この在籍確認とは企業側とフルキャスト、両方にとって必要な情報になるのです。

 

これをしないとどこの人材派遣会社でも同じことなのですが、その人が遅刻したのか休んだのか、それとも何かあったのかという情報がどちらにも入らなくなってしまうのです。

 

もし、遅刻してしまう場合ややむ負えない事情で休む場合などは事前に連絡を入れるようにしましょう。

 

この連絡を入れる際、間違えて就業先の会社に電話で連絡をしてしまう人がいます。

 

しかし、この連絡は基本的にフルキャスト本社に入れることになっているので、事前の説明会の際によく聞いておくようにしましょう。

 

派遣は職業も不安定でその登録をするのに不安を抱く人もいるでしょう。

 

しかし、このフルキャストでは派遣だけではなくアルバイトの募集もしています。

 

学生で忙しいという人にはおすすめの求人も多いので一度無料説明会には行ってみるべきでしょう。

 

もし正社員での採用を目指しているというような人は、長期派遣を続けることによって正社員の採用のチャンスもあります。

 

これは短期の派遣のときも同じで、こういったチャンスはあります。

 

しかし短期派遣の場合は、企業から直接連絡が来るといったことがあっても正社員になれるといったチャンスをつかめる人は少ないでしょう。

 

もしこういった派遣を通じて将来の仕事を見つけたいという場合には、フルキャストの長期派遣を利用する方が有効的な手段だと考えられます。

 

その時にも必要になってくるのがフルキャスト在籍確認です。

 

これがないとせっかくいい人材に巡り合えたのに企業側も誰を採用したらいいのかというのが分からなくなってきてしまいます。

 

もし、人材派遣で自分の時間を有効的に使おうと考えている人がいたら、フルキャスト在籍確認は上記のような理由で使っているのだということを覚えておくと楽に働けるかもしれません。

 

もしよかったら、是非参考にしてみてください。

 

フルキャスト在籍確認

 

 

フルキャストで派遣社員として働いている場合、カードローンの在籍確認は派遣先にくる?フルキャストに来る?

 

フルキャストに限らず、派遣社員として働いているばあい、派遣元の会社に登録して働いている状態になっています。

 

 

 

派遣社員で働いていたとしても、実際には正社員として働いている人と同じ様にカードローンの在籍確認は行われます。

 

この場合電話がかかってくるのは登録している派遣元と言う事になるので、この場合はフルキャストに電話がかかってくると言う事になります。

 

これが基本的です。

 

しかし実際に自分が働いているのは派遣先なので、派遣元の方には在籍確認の電話がかかってくる事を伝えて置く事で対応が出来ます。

 

ただ、派遣社員を沢山抱えている場合、電話に出た人によっては在籍確認の電話に対応してくれない場合も有ります。

 

その場合はカードローンの会社の方に予めその旨を伝えておきます。

 

キャッシングの会社の中には派遣元では無く派遣先の方に電話をしてくれる所もあるので、その場合は自分が今働いている所に電話がかかってくる事になります。

 

実際にどこに電話がかかって来るかと言うのは、自分が利用しようと思っているキャッシング会社によって大きく変わってくるのです。

 

 

 

また、在籍確認と言うと一昔前までは電話での方法が主流でしたが、今では電話以外の方法でも対応してもらう事が出来る場合があります。

 

その場合は収入証明や在籍証明の提示を求めらえる事になりますが、これならフルキャストにも、そして派遣先の方にも連絡が行く事は有りません。

 

書類提出はデジカメやスマートフォンのカメラで撮影し、それをキャッシング会社側に送るだけです。

 

 

 

この様に、現在ではカードローンの申し込みに関してもいくつかの方法があり、在籍確認についても電話対応だけではありません。

 

ただこうして確認書類を利用できるキャッシング会社ばかりではなく、実際にはまだ電話でのみ行っているキャッシング会社も多数あるので、

 

その場合は勤務先としては派遣元を登録しておきます。

 

また電話がかかってくると困るからと言って、虚偽の申告をしてしまうのは良くありません。

 

カードローンは担保や保証人を必要としない無担保融資となっており、信用貸しの形態をとっています。

 

詰まり、利用者の事を信用して融資しているため、虚偽の申告をするとその人の事を信用できないと言って融資自体出来なくなってしまうからです。

 

従ってフルキャストで派遣社員として働いている場合は、フルキャストを勤務先として登録し、必ず正しい事だけを申告する様にします。

 

 

お金借りる際に派遣元には連絡行く?派遣切りされたくない

 

カードローンやクレジットカードなどを利用する際は審査の段階でほぼ必ず勤務先に在籍確認が行われ、これは派遣労働者についても例外ではありません。

 

派遣労働者は人材派遣会社に登録して、実際の労働は派遣先の会社で行いますが、労働契約はあくまでも派遣元との間で取り結ばれています。

 

申し込む際の勤務先欄には派遣元の会社を記入するのが原則です。

 

派遣労働者は普段、派遣元の会社に行くことはほとんどなく、派遣先の会社に行って働いています。

 

それだと在籍確認の電話が派遣元にかかってきても、電話に出ることができないので確認が取れないのではと不安に思う方もいます。

 

本人が電話に出られなくても、在籍している事実だけが確認できれば問題ないので大丈夫です。

 

ただし近年は、個人情報保護法の関係などで個人情報に関することは一切外部の人間に漏らさない方針をとっている会社もあり、そのような会社だと不審な電話に対してはまともに答えない場合もあります。

 

確認の電話に対して派遣元の電話に出た社員が在籍の有無を答えなかったら、審査に落ちてしまう場合もあります。

 

それを防ぐためには、事前に派遣元の方に審査の連絡が行くということを伝えておくのが望ましいです。

 

派遣元の人にお金を借りることがバレるのが嫌だという場合は、クレジットカードを作ると言っておくのが無難です。

 

消費者金融やカードローンだとちょっと抵抗がありますが、クレジットカードくらいは今の世の中誰でも1枚くらいは持っているのが当たり前です。

 

何も恥ずかしいことはありませんし、そんなことでいきなり解雇される事はまずありえません。

 

派遣元の会社がとても大きい会社で、社員の方が派遣登録者の方の名前をいちいち覚えていないという場合や、社の方針で在籍確認対応はしないと決めている場合などは、在籍確認が不可能になってしまいます。

 

そういうケースでは金融業者の方にその旨を正直に相談してみるのがおすすめです。

 

柔軟な対応をしてくれる金融業者の場合は、電話以外の方法で在籍を確認してくれます。

 

ちなみに、勤務先に派遣先の会社の名前を書くのは基本的にダメです。

 

派遣元と派遣先の両方を書くように求められる場合なら両方書きますが、記入欄が一つだけなら派遣元の会社を書きます。

 

記入欄に派遣先の会社名や電話番号を記入すると派遣先に電話がかかってくる可能性があります。

 

派遣社員は派遣先であまりちゃんと認識されていない場合も多く、そうなると在籍確認が取れないということになり、審査に落ちてしまう可能性が出てきます。