アデコ派遣の在籍確認 勤め先に電話ある?会社への在籍確認タイミング 電話連絡なしでお金借りる

 

アデコ在籍確認

日常生活のなかでもお金が必要になるシーンはいろいろとあります。

 

たとえば親しい友人や職場の同僚が結婚した場合には、祝儀袋にいくらか包んで渡さなければなりませんし、もしもそれが親戚であれば相応の金額となります。

 

仕事上でも出張の旅費を最初は職員自身に自己負担させ、帰ってきてから精算するしくみをとっている職場があり、このような場合には急な出費にとまどうことも珍しくはありません。

 

このような出費に確実に対応するためには、やはりカードローンやキャッシングなど、気軽にお金を借りられる契約をはじめから結んでおくことが必要です。

 

キャッシングやカードローンといってもいろいろとありますが、これらは銀行などの金融機関をはじめ、消費者金融や信販会社といった、正規の銀行ではないノンバンクなども手がけています。

 

どのような会社から借りるのかもポイントです。

 

会社によっては審査をするのに異常に時間がかかったり、申込書以外にも収入証明書などの添付書類の提出を求められたりすることがあります。

 

ほかにも条件面で見れば金利の安さ、借り入れができる期間の長さ、手続きの手軽さなども考慮に入れておくべきでしょう。

 

金利や期間については銀行などの正規の金融機関のほうが条件的には恵まれていて、低金利かつ長期にわたる借り入れが可能というのが一般的です。

 

しかしこれは別の条件を犠牲にして成立しているところがあり、その分だけ審査が厳重だったりすることがあります。

 

たとえば公務員や上場企業の幹部職員などの安定した地位にある人はよいとしても、それ以外の場合には審査がネックとなってかえって使いにくいということもないわけではありません。

 

消費者金融などからの借り入れであれば、金利は多少高かったりすることもありますが、審査に関してはスピーディーな部分に定評があります。

 

場合によっては申し込みをした当日に審査が終了して指定口座への銀行振込をしてもらえる、いわゆる即日融資にまで対応していることがあります。

 

即日融資の制度を導入している会社であれば、たとえば街なかや国道のバイパス沿いなどにモニターが付いた自動契約機を設置していてます。

 

あるいはインターネットを通じて自宅にあるパソコンやスマートフォンからでも来店なしでの契約手続きができるのが普通です。

 

このように借り入れをする際の手続きが容易なところは銀行などの金融機関にはない大きなメリットといえるでしょう。

 

派遣会社を経由して特定の会社で働いている派遣社員の場合には、特にこのような借入先の選択には注意しておかなければなりません。

 

たとえばアデコはもともとスイスに本社を置く総合人材サービス会社のひとつですが、わが国で労働者派遣法が成立したことを受けて、いち早くこの業界に参入した経緯があります。

 

アデコからの派遣社員となっている人がキャッシングやカードローンでお金を借りる場合に、最初のハードルとしては申し込みができる条件が挙げられます。

 

銀行などの場合には、派遣社員やアルバイト、パートなどの雇用形態の場合には申し込みを受け付けておらず、もっぱら正社員や公務員などの雇用形態であることが必要というケースがみられます。

 

最近では入口の段階でこのように門前払いしてしまうのではなく、審査のなかで年収や勤続年数などをしっかりと確認した上で借り入れ可能かどうかを決めるケースも増えてきてはいます。

 

少なくとも借り入れにあたって条件をチェックしておくことはたいせつです。

 

パンフレットやホームページなどで好評されている条件を満たさない場合には、はじめから申し込みをせず、別の消費者金融などに乗り換えたほうがよいといえます。

 

次に申し込みをしたあとに行われる職場への在籍確認の電話が挙げられます。

 

銀行や消費者金融といった会社の種類を問わず、キャッシングやカードローンの審査では本人の在籍確認をすることは必須といえます。

 

そのための手段として会社に在籍確認の電話をかけて、本人の実在を証明する方法は今日においても一般的ですが、派遣社員の場合はこのプロセスで審査落ちしてしまうおそれがあります。

 

アデコの場合でいえば、保証会社などが電話をかけてきたとしても、個人情報であることを盾にして在籍しているかどうかを回答しないという対応をとっているため、結果として在籍確認ができない事態となってしまいます。

 

このような場合の対応ですが、たとえばアデコに直接ではなく、申込書の勤務先は派遣先のほうを記載しておいて、派遣先に電話をかけてもらう方法がひとつには考えられます。

 

また消費者金融などの場合には在籍確認を電話以外の別の方法でも受け付けていることがありますので、窓口の担当スタッフやオペレーターに相談をしてみるのもよいでしょう。

 

このような場合には写真が付いた社員証や健康保険の組合員証などの指定された証拠書類の提出が必要となることがほとんどです。