ローン審査での信用情報センターの役割

ローン審査での信用情報センターの役割

 

ローン審査での信用情報センターの役割

かならずローンの審査では、信用情報センターへの照会が行われています。

 

信用情報センターには、クレジットカードやショッピングクレジット、

 

各種ローンの利用残高と、返済履歴が記録されています。

 

債務整理や返済の延滞などについても、一定期間の間は管理されています。

 

信用情報機関は3つの機関があるようで、平成21年8月に統廃合がされたようです。

 

信用情報を業者が照会するときに顧客全てのものをチェックできるように、

 

情報を指定信用情報機関間どうしで教え合っています。

 

金融会社はローンの申込みがあると顧客についての信用情報を信用情報センターで確認します。

 

そこで判断するのが、融資をしても大丈夫かどうかということです。

 

ローンの申込みをしたけれど審査に通らないという人は、

 

信用情報センターに登録されている情報に理由があるのかもしれません。

 

個人情報で信用情報センターに登録されているものを自分で見ることは、開示請求をすれば不可能ではありません。

 

今まで組んだローン利用履歴があるかどうか知りたい人場合には、

 

自分で信用情報センターに開示請求をしてみるのがおすすめです。

 

最近貸金業法が変わったので、ローン融資は過去よりも受けづらい傾向があります。

 

ローンの申し込み前に、

 

借り入れ履歴に問題はないか信用情報センターの情報を確認しておくのもいいかもしれません。

 

 

信販系のカードローンは安心して利用できる

 

カードローンを扱っている会社はたくさんあります。クレジットカードの発行会社がカードローンをしていると、信販系といいます。

 

カードローンを扱っている金融会社が銀行系列の会社である場合、これは銀行系カードローンです。

 

銀行系のローンは銀行が運営しているので安心度が高いのが特徴です。カ

 

ードローン会社の信販系に、どんな会社があるかイメージできないという方もいます。

 

銀行と同じように、信販系のカードローン会社も知名度が高い大手の可能性が高く、信頼感の高さが魅力といえます。

 

信販系カードローン会社の利点は、クレジットカード1枚で、キャッシングも、カード決済もできることにあります。

 

申込み日のうちに融資が可能なところや、金利がとても低いところ、

 

一定の条件で金利が0%になるとてもお得なカードローンなど、サーヒス内容も色々です。

 

金融会社によって、工夫をこらしたカードローンの独自サービスが展開されていますので、各社の貸付条件をチェックしてみるといいでしょう。

 

カードローンはあくまでもお金を借りているので、必ず返済をしなければいけません。

 

無利息カードローンから融資を受けたとしても、

 

返済日を守らなければ、違約金を払わなければいけません。

 

様々な信販系のカードローン会社が、多種多様なサービスをしていますので、金利条件やサービス内容などを吟味して借入先を探しましょう。

 

信用情報はCICでチェックされる!一度でも滞納があるとキャッシング審査通らない?

 

クレジットカードなどを利用している人が、毎月の返済日に引き落としができない時や振込などをしない時には、

 

CICなどの信用情報機関に事故として記録が残ります。
日本では、個人のクレジットやローンなどを利用している状況などの個人の信用情報は、CICを含め3つの情報機関が管理しています、

 

この信用情報機関は国が、国から指定を受けている機関で、3つの情報機関がお互いの情報を共有しています。

 

個人の使用状況には、クレジットカードの情報だけではなく、

 

割賦払いで使用している携帯電話の料金や、大学などで奨学金を受けた人の返済情報なども含まれています。

 

携帯電話の使用者は、携帯電話料金を支払わなくても、クレジットカードなどの返済が出来なかった時のように事故扱いになる事を知らない人が多くいます。

 

そのため、自分では気が付かないうちに、CICなどの信用情報機関に携帯電話料金を未納したという情報が記録されてしまいます。

 

また、大学などに入学をして、学費などのために奨学金を利用していた人が、

 

就職をして毎月の給料を受け取るようになっても奨学金の返済をしない人が多くなっています。

 

このような人たちに多く見られる事は、奨学金ぐらい返さなくても大丈夫だという考え方です。

 

2010年よりも以前の場合では、奨学金の返済を滞納したり返済が遅れても、

 

奨学金を管理している団体が信用情報機関に加盟していなかったので、

 

滞納などの情報は記録されなかったので信用に傷がついてしまう事がありませんでした。

 

しかし、2010年以降から奨学金を管理している団体が信用情報機関に加盟したので、

 

奨学金を滞納している情報が事故として記録されるようになりました。

 

このように、携帯電話料金を滞納したり、奨学金の返済をしなかったりしている人は、

 

クレジットカードなどでお金を借りている人が返済しない場合と同じように事故扱いとなり、

 

自分の信用に傷を付けてしまいます。

 

このような事故情報は金融事故とも呼ばれるもので、

 

住宅ローンやキャッシングの申込みなどに影響を与えてしまいます。

 

住宅ローンの審査に通らなかった人や、キャッシングの審査に落ちた人の中には、

 

携帯電話料金の滞納や奨学金の返済をしなかった時の事故情報が影響している事が多くなっています。

 

このように金融事故として記録されてしまうとローンなどの審査に通る事が出来なくなりますが、

 

気になるのが一生記録は消える事がないのかと言う事です。

 

このような事故情報は、一度記録されたら一生消えないのではなく、

 

一定の期間が過ぎると情報は消える仕組みになっています。

 

どの程度の期間で消えるのかは、情報を扱っている機関や事故の内容によって変わってきます。

 

CICでは、延滞の場合は5年、任意整理の場合も5年、

 

自己破産の場合は7年で事故の情報から解消されるようになります。

 

事故情報から解消されると事故の記録は消える事になるので、

 

キャッシングの申込などが出来るようになります。

 

事故情報が解消されてもキャッシングの審査に通らない時などは、

 

事事故情報に誤りがある可能性があるので、CICなどに事故情報の確認をした方が良いでしょう。